田辺三菱 多発性硬化症治療薬イムセラの服薬支援サービス

公開日時 2013/02/04 04:00
  • Twitter
  • 印刷

田辺三菱製薬は2月1日、多発性硬化症治療薬イムセラを服用する患者向けに、服用時間や医師など専門家からの生活上の助言などを患者に電子メールで知らせる、服薬・療養生活支援サービスを始めた。このサービス「イムセラヒルズ」は、携帯電話やパソコンから無料登録することで利用できる。(携帯:https://imu.mdos.jp  PC:http://imu-navi.net)

多発性硬化症は、感覚障害、視神経炎、運動麻痺などが発症し、手足のの不自由や、車椅子での日常生活を余儀なくされることもあり、それは生涯にわたる。同剤は11年11月28日に発売され、12年12月で14日投薬制限が解除されたことで、長期処方される患者が増えてきていることから、このサービスで服薬アドヒアランスの向上や「一人でがんばらない」ための心理的サポートをしたい考え。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/