久光・14年度第2四半期 モーラステープ8.4%減 薬価改定やGEの影響で

公開日時 2014/10/10 03:51
  • Twitter
  • 印刷

久光製薬は10月9日、2015年2月期(14年度)第2四半期(3月~8月)決算を発表し、国内医薬品事業の売上高は461億9200万円で前期比7.1%減だった。主力品である経皮鎮痛消炎剤モーラステープが、4.8%の薬価引き下げや後発品(GE)の浸透で8.4%減となったことが影響した。

 

モーラステープは同社の国内医療用医薬品売上の約7割を占める。第2四半期売上は356億円で、8.4%減だった。第2世代貼付剤に占めるモーラステープ群のシェアは2013年8月時点で43.45%、14年8月時点では42.52%と1ポイント程度低下した。同社はGEへの切り替えが進んでいるとして、同製品の通期計画を5億円下方修正し、740.5億円(連結)とした。6月に治療困難な中等度~重度慢性疼痛の適応を追加したフェントステープなど新薬群は伸長したが、主力品の減収をカバーするには至らなかった。

 

同社の海外子会社Noven社の業績が好調なため、連結業績の通期計画は変更せず、増収・営業増益を目指す。

 

【連結業績(前年同期比) 通期見込み(前年同期比)】
売上高   770億5200万円(0.4%減)  1619億円(7.5%増)
営業利益  103億5500万円(16.9%減)  204億円(6.7%増)
経常利益  155億7200万円(7.6%減)    278億円(3.8%減)
純利益   95億7400万円(30.0%減)   180億円(15.7%減)

 

【主要製品売上(前年同期比)、億円 通期見込、億円】
モーラステープ群  356.65(8.4%減) 740.5
モーラスパップ群    32.74(11.0%減) 61
フェントステープ  19.73(12.3%増) 47
ノルスパンテープ  10.39(15.1%増)  40
ネオキシテープ    3.67(25.6%減) 15.5
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/