【MixOnline】記事キーワード一覧
「薬価改定」には複数の候補があります。
2022.03.08 厚労省 G1・G2ルール「前倒し適用」の次回候補薬剤公表 セレコックス、メマリーなど23成分59品目
2022.03.07 22年度薬価改定・各社別影響率 長期収載品、G1品の影響度強まる 革新的新薬モデルへの転換必至
2022.03.07 製薬各社の主要製品・薬価改定率 先発18製品で30%超引下げ 再算定、G1、新薬加算の返還影響大きく
2022.03.04 22年度薬価改定 新薬創出等加算 企業区分「Ⅲ」は21社に大幅増 コロナ適応追加のオルミエントが加算対象に
2022.03.04 【速報】22年度薬価改定 再算定のビンダケルは75%、イーケプラは25%引下げへ
2021.12.27 22年度厚労省予算案 一般会計総額33兆5160億円 薬価は国費1553億円抑制 後発品の信頼確保1.4兆円
2021.12.03 【速報】21年9月薬価本調査 平均乖離率は約7.6% 談合疑いで当該卸6社と国病機構の取引データは除外
2021.11.09 財務省主計局 次期診療報酬改定「躊躇なくマイナス」増加する医療費の「分配」焦点 薬価に切込みも
2021.07.07 麻生財務相 22年度予算編成概算要求 社会保障費は「高齢化による増加分に相当する伸びに収める」
2021.04.01 新薬創出等加算品であっても競争市場では薬価引下げも
2021.03.05 21年度薬価改定告示 新薬創出等加算は351成分593品目 最多はノバルティスファーマ G1撤退スキームの初適用も
2021.01.25 日本医師会・松本常任理事 22年度改定は「病院機能によらず医療提供できる報酬体系を」
2020.12.29 新型コロナで事実上の診療報酬改定を断行
2020.12.24 【FOCUS 2021年度薬価改定は如何に決まったか(下)】 薬剤は診察と不可分一体 財源切り分けは不適当
2020.12.21 【FOCUS 21年度薬価改定は如何に決まったか(上)】 新型コロナで事実上の診療報酬改定を断行
2020.12.21 日米欧製薬3団体 21年度薬価改定は「到底納得できるものではない」 
2020.12.18 2021年度薬価改定 新薬創出等加算品4割 新薬6割、長期収載品9割、後発品8割が対象
2020.12.16 日医・中川会長 薬価改定財源は「中間年も」医療費財源に充てるべき
2020.12.16 【特別版】2021年度薬価改定 薬価乖離率5%以上の品目(約7割)が対象 医療費削減額は4300億円
2020.12.15 21年度薬価改定 薬価乖離率「5~7%台」以上の品目対象で詰めの調整 医療費4000億円抑制へ
123456789

Account Login
【MixOnline】検索バナー(シンプル)
【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告