日本リリー・2014年業績 売上高2000億円突破 MR増員し16年にも2000人体制に

公開日時 2015/04/09 03:51
  • Twitter
  • 印刷

日本イーライリリーは4月8日、東京都内で2014年(14年1~12月)業績会見を開き、日本法人の14年売上は2105億円、前年比7%増となり、初めて2000億円の大台を突破したと発表した。売上は過去5年間で倍増、過去10年間では3倍以上拡大した。骨粗鬆症治療薬フォルテオなど特許期間中の新薬の売上げが好調なことが背景にある。今後、疼痛や認知症といった神経内科領域、リウマチなどの自己免疫疾患領域への新規参入も予定していることから、MRは今後も増員する方針で、16年にもMRは2000人体制になる可能性がある。

同社では、「2020年までに売上トップ10入り」を目標に掲げている。売上ランキングは年々上昇し、14年は順位をひとつ上げて16位になった。パトリック・ジョンソン社長は会見で、「14年は成功をおさめることのできた年。(製薬企業の成長率でも)トップ3に入った」とし、20年の目標に向けて、「正しい軌道にのっていると思う」と目標達成に自信をみせた。

14年の業績をけん引したのは、抗精神病薬・双極性障害治療薬ジプレキサ(薬価ベースで売上599億円、前年比4.1%増)、フォルテオ(同480億円、23.3%増)、抗がん剤アリムタ(同370億円、5.4%増)、うつ病などの適応を持つサインバルタ(同179億円、16.1%増)、注意欠陥/多動性障害治療薬ストラテラ(同139億円、43.3%増)――の新薬群。最も成長したストラテラは、国内開発して13年秋に上市した内用液も好調で、ジョンソン社長によると、内用液は海外でも発売される方向という。一方、抗がん剤ジェムザールはジェネリックの影響で、売上61億円、前年比31.1%減だった。

15年に5製品を上市

そして15年は、ジョンソン社長も「25年間働いてきて、このような状況は見たことがない」という1年間に5製品(適応追加含む)の上市を計画している。同社が強みをもつ糖尿病領域で▽SGLT2阻害薬ジャディアンス(2月新発売)▽週1回のGLP-1受容体作動薬dulaglutide(申請中)▽インスリン製剤ランタスのバイオ後続品(承認取得)――の3製品を投入し、同じく得意のがん領域では血管新生阻害作用を持つ抗がん剤として初の胃がん適応の薬剤となるサイラムザ(承認取得)を上市する予定。また、サインバルタの適応追加として、「繊維筋痛症に伴う疼痛および慢性腰痛に伴う疼痛」(申請中)の適応取得も予定している。

P2以降の日本の後期開発品は適応追加などを含めて22製品あり、内訳はP3に14製品、P2に8製品――。P3には新規参入となるアルツハイマー型認知症治療薬ソラネズマブや抗リウマチ薬baricitinibなどがある。

15年もMR200人増員を計画 医師への情報提供「MRが最も重要な情報源」

発売中の新薬群の好調に加え、神経内科領域などへの新規参入も予定していることから、MRの増員を当面続ける。14年から15年にMRを200人増員して、15年のMR数は1880人。そして、15年から16年にかけてさらに200人の採用を目標にしており、単純合算すると、16年にもMRは2000人体制になる。同社は現在、▽オンコロジー▽糖尿病・成長ホルモン▽ニューロサイエンス▽筋骨格――の各領域に専任MRを配置しているが、新規参入市場に対してどのような体制をとるか注目される。

また、ジョンソン社長は今後のMR活動について、「現在、ビジネスモデルの変革が起きていると感じている」とインターネットを活用した情報活動の重要性が増しているとの認識を示したが、「特に医師に対しては、MRが最も重要な情報源であると考えている」と話し、優秀なMRを採用・増員していく考えを示した。今後のMR数の見通しについては、「正確な数字は決まっていないが、引き続き、2年間はさらにMRを雇用していく」とした。ただ、「『毎年200人増員』ということが、ずっと続くということではない。ピークはある」とも語った。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(9)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/