アッヴィ 進行期パーキンソン病治療薬デュオドーパを新発売

公開日時 2016/09/02 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アッヴィ合同会社は9月1日、進行期パーキンソン病治療薬デュオドーパ配合経腸用液(一般名:レボドパ、カルビドパ水和物)を同日に新発売したと発表した。コンピュータ制御式携行輸液ポンプを用いて、胃ろうから有効成分を空腸内に直接持続注入する。1日の最大投与時間は16時間。これにより血漿中のレボドパ濃度を至適治療濃度域に安定させ、既存治療薬で制御が難しかった運動症状を伴う日内変動を制御する。

胃ろう造設の前に専用チューブを用いて同剤を経鼻的に空腸投与することで効果を確認できる。

パーキンソン病が進行すると、wearing-offと呼ばれるオフ状態とオン状態が交互に出現するようになり、オフ状態ではより動きが緩慢になり、より強いこわばりがみられ、動作が困難になる。同剤の投与によってこのオフ時間を減少させることが期待できるとしている。

同剤の効能・効果などは以下の通り。
薬効分類:116 抗パーキンソン剤(内用薬)
効能・効果:「レボドパ含有製剤を含む既存薬物療法で十分な効果が得られないパーキンソン病の症状の日内変動(wearing-off現象)の改善」
薬価:100mL1カセット 1万5004.30円

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/