花粉症 患者の4割弱、薬剤の「変更経験あり」

公開日時 2016/12/26 00:00
  • Twitter
  • 印刷
5年間追跡調査2回以上変更が半数超2017年花粉症シーズンが近づいてきた。日本人の4人に1人が花粉症とされるこの“国民病”は、花粉飛散量と患者数の傾向がおおよそ一致する。日本気象協会によると、17年春のスギ・ヒノキの花粉飛散量は例年に比べて、北海道は「非常に少なく」、東北と関東が「やや少なく」、そのほかの地域は例年並みか例年を上回るという。特に近畿、四国、九州は16年シーズンの飛散が少なかったことから、17年の飛散量は16年比で2倍以上になると予測しており、より注意を要する。治療の中心は第2世代抗ヒスタミン薬だが、主要製品にジェネリック(以下、GE)も登場しており、市場全体は成熟市場といえる。その中で16年11月にデスロラタジン(製品名:デザレックス)、ビラスチン(製品名:ビラノア)といった...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/