2017年発売予定の有望薬 トップはロシュ社のMS治療薬 米専門誌

公開日時 2017/02/24 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米医薬専門誌「FiercePharma」は1月30日、2017年に発売予定で5年後の2022年にはブロックバスターになる可能性のある2017年有望薬トップ10を発表した。このトップ10ランキングは、臨床試験で良好な成績を示し、2017年内には発売が予定されている薬剤について、同誌が発売5年後の売上げ予想を占っている。トップは、ロシュ社の多発性硬化症(MS)治療薬Ocrevus(ocrelizumab)。同剤はFDAの画期的新薬指定(BTD)を受け、進行性MSや難治性MSでも良好な成績を示した。MS市場での強い競争力を持つと見られ、2022年売上げ予想は41億ドル。2位は、サノフィ社/リジェネロン社のアトピー性皮膚炎治療薬Dupixent(duplimumab)である。臨床試験では、一部アナリ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(2)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/