アレクシオン日本法人 新社長に伊藤ヴァイスプレジデントが昇格 4月1日付

公開日時 2017/03/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アレクシオンファーマ合同会社は3月13日、新たな社長に伊藤嘉規・PNH・aHUS事業本部ヴァイスプレジデントが昇格する人事を発表した。4月1日付で実施する。交代理由について同社は、2008年9月から社長を務めているヘルマン・ストレンガー氏が自ら「一身上の都合」を申し出て3月31日付で退職することになったため。

 
伊藤氏は、1960年2月生まれ57歳。1989年にファイザー(旧アップジョン、ファルマシア)日本法人に入社。その後ノボノルディスクファーマ日本法人のマーケティング部長を経て、07年以降はMSD(旧万有製薬)でワクチン・婦人科事業領域の事業部長を務めた。12年にアラガン・ジャパンに入社し、社長を務め、17年1月1日付でアレクシオンファーマ合同会社にPNH・aHUS事業本部ヴァイスプレジデントとして入社していた。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/