C型肝炎薬 エレルサ+グラジナ併用が急伸中 ハーボニーの処方減少

公開日時 2017/06/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
インターフェロンフリーDAA治療全体の90%占める国内患者数が150万~200万人いると推察されるC型慢性肝炎。年間3万人以上が死亡している肝がんの原因の65%がC型肝炎といわれており、C型肝炎を早期に発見・治療して、発がんを防ぐことが重要となる。C型肝炎の治療は、従来のインターフェロン(IFN)+リバビリン療法から、11年以降に登場したIFN+リバビリン+プロテアーゼ阻害薬による3剤併用療法、そして14年以降にIFNを使用せずに経口薬のみで治療できる直接作用型抗ウイルス薬(DAA)によるIFNフリーDAA療法へと治療が変遷した。なかでもIFNフリーDAA療法は、C型肝炎のほとんどの患者で根治も期待できる著効率の高さと、利便性の良さから一気に普及。C型肝炎治療のパラダイムシフトを起こしたとい...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/