メルクセローノ 就労場所を制限せず 新制度導入

公開日時 2017/08/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

メルクセローノなど日本のメルクグループ企業はこのほど、就労場所に制限のない働き方であるフレキシブルワーク制度を導入したと発表した。午前5時~午後10時の間で就業時間を設定(コアタイムなし)し、1か月の所定労働時間を満たせば、日および時間単位での調整が可能という仕組み。

対象は、全ての正社員、契約社員、海外のグループ関連会社からグループに出向している社員。同社は、この制度を通じ「社員のワークライフバランス、仕事の効率性、生産性の向上を促進すると同時に、高いビジネスパフォーマンスの実現、信頼の企業文化の醸成を目指す」としている。メルクグループは、段階的なパイロット実施と制度化を通じて、イントラネットやクラウドなどフレキシブルワークを支える様々なデジタルツールを整備してきたという。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(7)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/