Meファルマ 糖尿病薬グリメピリド、高脂血症薬プラバスタチン、抗潰瘍薬ファモチジンのGEも販売へ

公開日時 2017/08/25 03:50
  • Twitter
  • 印刷

Meファルマはこのほど、高田製薬からスルホニルウレア系経口血糖降下薬グリメピリド(一般名、先発品名アマリール)の後発医薬品(以下、GE)の製造販売承認を承継すると発表した。承継は9月29日、発売開始は10月中旬を予定している。同GEは将来的に、Meファルマの親会社のMeiji Seikaファルマの生産子会社メドライク社(インド)で生産する。

承継する品目はグリメピリド錠0.5mg、1mg、3mg「タカタ」。承継後のMeファルマの販売名は、グリメピリド錠0.5mg、1mg、3mg「Me」となる。

また、Meiji Seikaファルマが8月15日付で製造販売承認を取得した▽高脂血症治療薬プラバスタチンNa錠5mg、10mg「Me」▽胃潰瘍などに用いるH2ブロッカーのファモチジンOD錠10mg、20mg「Me」――の2製品についても薬価収載後、Meファルマが販売すると発表した。これら2製品の製造販売承認も、将来的にはMeファルマに承継予定という。

Meファルマは、生活習慣病や消化器領域のGEを販売する企業。これらGEのことをMeiji Seikaファルマグループでは「エッセンシャルGE」と呼称している。製造量や販売金額などの一定の基準をクリアし、生産上のスケールメリットが出る製品を取り扱う。

MeファルマはこれまでにMeiji Seikaファルマから▽高脂血症治療薬アトルバスタチン錠5mg、10mg▽降圧剤バルサルタン錠20mg、40mg、80mg、160mg▽胃炎・胃潰瘍治療薬レバミピド錠100mg――の各GEの製造販売承認を承継することを発表している。現時点ではエッセンシャルGEとして計6製品をラインナップすることになる。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/