マルホ 血行促進・保湿剤ヒルドイドの美容目的使用に注意喚起 薬機法に抵触も

公開日時 2017/10/19 03:50
  • Twitter
  • 印刷

マルホは10月18日、血行促進・保湿剤ヒルドイドクリーム、同軟膏、同ローション(ヘパリン類似物質)について、一部の雑誌やインターネット上に、美容目的での使用を勧めていると受け取られかねない記事が掲載していることについて、適応外使用の推奨は薬機法に抵触するおそれがあるとして、注意を呼びかける文書を発表した。

女性の肌のトラブルに効果があるかのような情報が出ている。発表した文書は「ヒルドイドの適正使用に関するお知らせ」。同剤は、医師による診断を踏まえて処方される医療用薬だとしたうえとにした。患者が自己判断で治療以外の目的で使用することは「適切な効果が見込めないだけでなく、思わぬ副作用が発現するリスクがある」と注意喚起した。

同社は、これまでヒルドイドを美容目的で使用を推奨している記事を確認した場合、その都度、発行元・配信元に対して、ヒルドイドをあたかも化粧品等と同様のものであるかのように紹介することは控えるように要請してきたとしている。また、医療用薬であるため、一般向け広告はしておらず、出版媒体からの本来の使用目的から外れる趣旨の取材や素材提供等の要請は全て断っているという。その中においても、美容目的の使用を推奨するような情報が広まっているため、文書を発表し注意することにした。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/