GSK日本法人 新社長にポール・リレット氏内定 菊池前社長の突然の退任受け

公開日時 2018/01/10 03:50
  • Twitter
  • 印刷

グラクソ・スミスクライン(GSK)は1月9日、英本社がカナダ法人社長のポール・リレット氏を同日付で新たな日本法人社長に任命したと発表した。前社長の菊池加奈子氏が突然退任を表明し、2017年12月31日付で退職したことを受けたもので、リレット氏は取締役会の承認後、正式に代表取締役社長に就任する運び。正式就任は遠くない時期とされるが、日時は未定。同氏は日本事業の経験はない。

急な後任人事となったが、今回の人事について日本法人の広報担当は、暫定的なものではないとしている。リレット氏は2001年にGSKカナダ法人のセールス&マーケティングバイスプレジデントに任命され、4年間にわたりカナダの営業活動、マーケティング活動を担当。05年から08年まではGSKのオーストラリアとニュージーランドの事業運営に携わった。08年から12年まで英国を拠点にGSKのシニアバイスプレジデント、中央ヨーロッパのエリアディレクターを務めた。その間にはEFPIAの中央および東ヨーロッパタスクフォースの会長にも従事した。12年6月から現職。55歳。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/