17‐18年シーズンの抗インフル薬 イナビルがシェア52%

公開日時 2018/03/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
18年1月の処方数量、前年ピーク月の1.5倍猛威裏付け2回以上の処方も増加シーズン序盤のワクチン供給不足に始まり、大規模な流行、そして終盤になって「単回経口投与」の新薬ゾフルーザ錠の承認、緊急薬価収載と、17年冬から18年春(以下、17年シーズン)にかけて、インフルエンザをめぐる話題には事欠かないシーズンだった。では、17年シーズンの抗インフルエンザウイルス薬(以下、抗インフル薬)の使用状況はどうだったのか。いつものように医療情報総合研究所(JMIRI)の調剤レセプトデータで見てみる。なお、データは調剤薬局の調剤レセプトを用いているため、注射薬ラピアクタ(一般名:ペラミビル)は分析の対象外である。また、毎年の「シーズン」は原則11月~翌年1月の3か月間と定める。17年シーズンは、厚労省が流行...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/