骨粗鬆症 5割強で生活習慣病併発

公開日時 2018/06/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
降圧剤併用8割、高脂血症薬も多く閉経による脂質代謝影響か国内患者数が1280万人と推定される骨粗鬆症。患者は高齢女性に多く、骨折抑制のために長期にわたる治療を必要とする。一方で、患者数の多さや経過の長さを踏まえれば、骨粗鬆症との関連性はさておき、他の疾患を有する患者も少なくないと考えられる。今回は慢性疾患とも捉えられる骨粗鬆症を取り上げ、骨粗鬆症治療薬の処方動向とともに併発疾患の状況を検証する。いつものように、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータから読み解いていく。なお、保険薬局の調剤レセプト中心のデータのため、注射薬のビスホスホネート(BP)製剤、副甲状腺ホルモン製剤、抗RANKL抗体などは調査対象外。経口薬の一部では、骨粗鬆症以外の適応症...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/