大正製薬HD 早期退職者募集に948人応募 対象者の約3割

公開日時 2018/09/03 03:52
  • Twitter
  • 印刷

大正製薬ホールディングス(HD)は8月31日、同HDと国内グループ会社従業員を対象に実施した早期退職者募集に948人が応募したと発表した。対象となった従業員数は約3000人だったため、30%超が応募したことになる。応募者の中のMR数など内訳は開示していない。

早期退職者募集に伴い発生する割増退職金及び再就職支援費用は約122億円となる。18年度第2四半期決算で特別損失として計上する。18年度業績予想にはこの費用を一定程度織り込んでいたため、変更はない。

募集対象者は、大正製薬や医療用医薬品の国内販売を担う大正富山医薬品などに所属する勤続10年以上かつ40歳以上の従業員。募集期間は7月1日~8月10日。9月末日~12月末日にかけて順次退職する。募集人数を定めずに実施したが、同社広報部は本誌取材に、「想定していた人数だった」と説明した。

同社は早期退職者を募集する理由について、「持続的な成長に向けて、生産性の高い組織構築を目指すため」としている。国内の総従業員数は非開示のため、今回の早期退職者が全体の何割に相当するかはわからない。業務を見直して無駄をより省き、効率を上げる考えだ。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(7)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/