バイオジェン・ジャパン 日本法人COOのアジェイ スレイク氏が社長に昇格

公開日時 2018/11/01 03:50
  • Twitter
  • 印刷
バイオジェン・ジャパンは10月31日、チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)のアジェイ スレイク氏が11月1日付で代表取締役社長に就任すると発表した。同氏は米メルクからバイオジェン・ジャパンに2017年4月に入社、COOとしてコマーシャル部門を統括していた。現社長の鳥居慎一氏は代表取締役会長に異動し、引き続き研究開発本部長を兼務する。

スレイク氏は入社後、17年2月に発売した多発性硬化症(MS)の経口治療薬テクフィデラ、同年8月に発売した脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬スピンラザの早期の市場浸透に貢献したとしている。

スレイク氏は1967年9月生まれ、51歳。88年に Indian Institute of Technology Kanpur, Indiaを卒業、90年9月に東京大学大学院工学部修士号取得後、同年に大成建設に入社。、その後、コンサルティングや市場調査、外資系製薬企業の日本法人などを経てきた。96年12月にスイス ローザンヌIMD大学院でMBAを取得。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/