英NICE CAR-T療法YescartaをCDFでの使用推奨

公開日時 2018/12/13 03:50
  • Twitter
  • 印刷
英国立医療技術評価機構(NICE)は11月29日、米KitePharma社の非ホジキンリンパ腫に対するCAR-T(キメラ抗体受容体T細胞)療法Yescarta(axicabtagene-ciloleucel)について、最終ガイダンス案をまとめ、抗がん剤基金(CDF)での使用を推奨すると発表した。NICEは同療法については、2018年8月に公表した当初ガイダンス案ではNHS(英国民保健サービス)における通常使用を推奨していない。同療法のCDFにおける推奨の適応は、成人における再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫。非ホジキンリンパ腫のなかでも侵襲的なサブタイプとなっている。同剤は、2つ以上の化学療法を施行しても奏功しなかった症例、幹細胞移植後再発した症例を...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

製薬ビジネス大改革 産業イノベーション始動

営業本部進化論 営業スキームを大転換せよ!

 

 

1/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/