経口抗凝固薬 抗Xa薬3剤、シェア30%ずつで接戦

公開日時 2018/12/28 00:00
  • Twitter
  • 印刷
リクシアナは2年間でシェア倍増、新患シェアはトップの42%ワルファリン(ビタミンK拮抗薬)の様々なアンメットニーズを解消した抗凝固薬として、2011年から4剤が上市された直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)。この数年は適応追加の承認が一段落し、関心はリアルワールドにおける有効性、安全性に移っている。そこでいつも通り、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI、読み:ジェイミリ)のデータから、“DOACのリアル”をのぞいてみる。JMIRIデータでは、経口抗凝固薬の処方患者数はこの2年間で5%ほど増加している。その中でクラス別の処方患者数シェアは、リバーロキサバン(製品名:イグザレルト)、アピキサバン(エリキュース)、エドキサバン(リクシアナ)で構成する抗Xa薬が...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/