田辺三菱 デジタルメディスン第一弾 ゲーム感覚で糖尿病患者アプリの継続促す

公開日時 2019/02/13 03:51
  • Twitter
  • 印刷

田辺三菱製薬とヘルスケアベンチャーのハビタスケア(東京都港区)は2月12日、糖尿病患者向けの生活支援アプリ「TOMOCO」を開発したと発表した。人や動物のキャラクターがコンシェルジュとして登場し、ゲーム感覚で取り組める仕様になっているのが特徴。田辺三菱製薬によると、同アプリは同社が取り組む、医薬品とデジタルを融合した「デジタルメディスン」の第一弾として位置付ける。同社広報部は、「今後は他の領域や医師が処方するアプリなど、デジタルによる新たなソリューションを提供していきたい」とコメントしている。

◎9種類のキャラクターが行動を褒める!


アプリでは、食事や運動、服薬状況や、体重、血糖値などを記録する。記録したデータは保健師や管理栄養士に見せることで、行動計画の策定や指導に役立ててもらいたい考え。「のんびりやの三毛猫」や「エンタメ業界を目指している青年タケル」など9種類のキャラクターが患者の行動を褒めたり、注意したりすることで、生活習慣の改善をサポートする。(写真はアプリの画面イメージ図、田辺三菱製薬提供)

アプリは、健康保険組合や自治体を通じて提供する予定。現在は、実証パートナーになる健康保険組合の保険者や地方自治体を募集しており、すでにいくつかの団体に紹介している状況という。19年度から実証実験を開始し、自治体や健康保険組合などから利用料を得る事業に育てたい考え。



関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/