【MixOnline】記事一覧2
卸と密な連携、院内への情報周知で奔走
安定確保に向けた薬剤部の対応

卸と密な連携、院内への情報周知で奔走

2021/12/01
本誌は病院薬剤部に対して、今回の自主回収・出荷調整を踏まえた医薬品の安定確保対策について回答を求めた。最も多かった回答は、医薬品卸との情報連携を密にするで、回答病院の92.7%が回答した。
GEメーカー・MRの情報提供「十分だ」はゼロ%
自主回収・出荷調整でGEメーカーへの要望

MRの情報提供「十分だ」はゼロ%

2021/12/01
ミクス編集部が行った病院薬剤部への緊急調査では、ジェネリックメーカーのMRによる情報提供の課題や採用の決め手についても回答を求めた。相次ぐ製品の自主回収や出荷調整を踏まえ、ジェネリックメーカーに対する厳しい意見が相次いだ。
コロナ禍で個々MRの力量が問われる時代に
コロナ禍でのMRによる情報提供活動

「選ばれる」ためのデジタルスキル習得は不可避

2021/12/01
コロナ禍において、病院側もMRの訪問自粛要請を徹底するなど、製薬企業とのコンタクト方法について見直しが迫られた。
1位は心不全薬エンレスト、2位は片頭痛薬エムガルティ
1年間に最も印象に残った採用品

1位心不全薬エンレスト、2位片頭痛薬エムガルティ

2021/12/01
ミクス編集部による病院薬剤部アンケートで、この1年間の採用品の中で特に印象に残った製品を1剤あげてもらったところ、1位は新規の慢性心不全薬エンレスト錠、2位は片頭痛に対する初の抗体製剤エムガルティ皮下注となった。
病院薬剤部が求める地域保険薬局のレベルアップ
データヘルス改革への期待と展望

病院薬剤部が求める地域保険薬局のレベルアップ

2021/12/01
オンライン資格確認の本格運用が2021年10月から始まった。患者は受付窓口に設置されたカードリーダーにマイナンバーカードを置くだけで、本人確認ができるようになるほか、特定健診情報や薬剤情報を一元的に収集し、患者の同意を得た上で、医療機関等でも閲覧することができる。
アフターコロナ時代のMRへの転換

アフターコロナ時代のMRへの転換

2021/12/01
中国の武漢で新型コロナ感染症が急拡大し始めてから、早くも2年が過ぎようとしている。この間、我々の日常生活やビジネススタイルは大きな変貌を遂げた。
3月末のMR数 前年比3572人減の5万3586人
MR認定センター「21年版MR白書」

3月末のMR数 前年比3572人減の5万3586人

2021/12/01
MR認定センターはこのほど、「2021年版MR白書」を公表した。今年3月末時点のMR数は前年に比べて3572人減の5万3586人となった。
出荷調整や代替薬情報の提供は誰が?
本誌座談会「製薬企業から提供される情報の適正化に向けて」

出荷調整や代替薬情報の提供は誰が?

2021/12/01
後発品を中心とした自主回収や出荷調整は、先発品にも拡がり、医療現場に大きな混乱をもたらしている。医療現場からは、情報不足がさらなる混乱を呼んでいるとの指摘もある。
「医師がMRを選ぶ時代」に備えよ!
「医師がMRを選ぶ時代」に備えよ!

アフターコロナで日本の製薬産業は2極化する

2021/11/01
政府は新型コロナウイルス感染症の次なる感染拡大(第6波)を睨んだ対応策の全体像を11月中に取りまとめる。コロナ病床の確保は「入院患者の受入れの2割強」を要請し、感染拡大時のコロナ病床の使用率を「少なくとも8割」を確保する。
経口薬開発は「ジグソーパズルの最後の1ピース」
「国産」新型コロナ経口治療薬・ワクチンへの挑戦

経口薬開発は「ジグソーパズルの最後の1ピース」

2021/11/01
「国内での開発を最優先に進める」――。塩野義製薬の手代木功代表取締役社長は力を込めた。諸外国に比べ、軽症者や無症候者が多く、自宅療養や宿泊療養を余儀なくされる患者も少なくないなかで、経口新型コロナ治療薬にかかる期待は大きい。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー