【MixOnline】記事一覧2
MRにもう少し改善を求めたいと思う点

MRにもう少し改善を求めたいと思う点

2024/02/01
医師が求めるMR調査2024年版で、「MRにもう少し改善を求めたいと思う点」という設問を用意した。最も多かった回答は、コロナ禍でMRの訪問が減少し、コミュニケーションが減ったというもの。
アステラス製薬が1位 リアル回帰への評価も
印象に残った行動

アステラス製薬が1位 リアル回帰への評価も

2024/02/01
印象に残ったMRがいた製薬企業では、アステラス製薬(前回8位)がトップに立った。得票の半数を超える12票を泌尿器科の医師が占め、「持ってくる情報に説得力がある」「薬剤に関する知識が深く、処方に適した患者像の提示ができる」(いずれも泌尿器科・開業医)など情報提供での専門性の高さが評価につながった。
トップ3変わらず 1位が第一三共、2位が武田薬品 3位がアステラス
優れているMR〈開業医編〉

1位が第一三共 2位が武田薬品

2024/02/01
開業医400人による「優れているMR」企業ランキングで、トップ3は前年と同じく、1位が第一三共、2位が武田薬品、3位がアステラス製薬となった。
1位は武田薬品 AZが首位に1票差
優れているMR〈勤務医編〉

1位は武田薬品 AZが首位に1票差

2024/02/01
病院勤務医450人による「優れているMR」企業ランキングで、武田薬品が2年連続の1位となった。注力領域から外した循環器科などで票数を減らす一方、得意の消化器科で3票増、精神神経科で2票増などとし、全体で1票増の59票を獲得した。
エンレストが3年連続1位 「きめ細かい使用法の解説」など評価
情報提供力の高い製品

エンレストが3年連続1位

2024/02/01
エンレストが3年連続で1位に選ばれた。医師からは製品力の高さに加え、「きめ細かい使用方法の解説」、「薬剤情報を詳しく提供してくれる」など実臨床に即した情報に評価が集まった。
健康・医療をつなぐ社会構築の一端を担う
2024年が始動 医療データ利活用の扉を開く

RWDが生みだす新たな価値 その可能性を探る

2024/01/01
医療・ヘルスケアデータをいかに使いこなせるか――。データそのものは無機質だが、目的をもってAI解析することで、新しい発想とビジネスが創造される。
データが創る「国民・患者目線」の医療
視点 医療データ利活用が開く新たな世界

データが創る「国民・患者目線」の医療

2024/01/01
「医療データを利活用して患者中心の医療を実現する」――。そう言われて久しいが、2024年はその一歩を確実に踏みだすと同時に、製薬産業にとっても研究開発、生産、営業・マーケティングの各サプライチェーンにおいてビジネス変革が求められる1年になりそうだ。
“モノ”から“コト”へのビジネス転換が始まった!
医療・ヘルスケアデータめぐる産業界の動きが活発化

“モノ”から“コト”へのビジネス転換が始まった!

2024/01/01
医療・ヘルスケアデータをめぐる産業界の動きが活発化している。昨年9月にNTTドコモがインテージHDの連結子会社化で株式公開買付け(TOB)を発表した。
医療データの一元管理へ 「横の広がりから縦への深化」
MDVの挑戦

医療データ一元管理へ 「横の広がりから縦への深化」

2024/01/01
医療データの一元化を目指すメディカル・データ・ビジョン(MDV)は、2023年11月末時点で病院データ495施設・4571万人、保険者データ661団体・1976万人の国内最大規模の診療データベース(DB)を有する。
製薬含むヘルスケア企業にデータドリブンな意思決定を提供
インテージヘルスケアが創る世界

データドリブンな意思決定を提供

2024/01/01
NTTドコモが2023年10月にインテージホールディングス(HD)の普通株式の51%を取得し、インテージグループはドコモの子会社になった。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー