【MixOnline】記事一覧2
音楽が溢れるウィーンの路上
ABC 古川 隆

音楽が溢れるウィーンの路上

2021/04/01
音楽の都ウィーンでは、歌劇場やコンサートホール以外にもいたるところに音楽が溢れています。観光客が訪れてすぐに接するのは路上で演奏するストリートミュージシャンでしょう。
ウィーンの舞踏会
ABC 古川 隆

ウィーンの舞踏会

2021/03/01
冬のウィーンに観光客が多く訪れることはありません。しかし、例年1月~3月の時期には舞踏会が毎晩のように開催されるため、舞踏会に参加することを目的に海外から訪れる人はいます。
ハプスブルク帝国の鉄道よもやま話
ABC 古川 隆

ハプスブルク帝国の鉄道よもやま話

2021/02/01
第一次世界大戦の敗戦とともに長く続いたハプスブルク帝国は崩壊することになります。広大な領土を持っていたハプスブルク帝国では19世紀後半から20世紀はじめにかけて領土全域に広大な鉄道網を構築していました。今回はそんな鉄道のお話です。
ウィーン・フィルハーモニー
ABC 古川 隆

ウィーン・フィルハーモニー

2020/12/29
読者の皆さま、新しい年のご挨拶を申し上げます。いろいろな事がすっかり変わってしまった昨年ですが、本年は良い年になることを強く祈ります。このコーナーも早いもので今回3回目の新年号になります。2019年の新年号でもウィーン・フィルハーモニーの楽器のことについてお話ししましたが、今回もウィーン・フィルについて少し触れてみたいと思います。
国立歌劇場あれこれ
ABC 古川 隆

国立歌劇場あれこれ

2020/11/30
このコーナーでは何回もウィーンの国立歌劇場のことに触れました。まだまだ語り尽くせないお話がいろいろありますので、今回はそんなお話を見繕ってあれこれしてみたいと思います。
フィアカー
ABC 古川 隆

フィアカー

2020/10/31
フィアカー(Fiaker)というものをご存じでしょうか。ウィーンでは馴染みの深い乗り物で、2頭立ての馬車のことを言います。今ではすっかり観光客用となってしまったフィアカーですが、自動車の普及する前は庶民のそして時として皇室や貴族の脚として活躍をしました。今回はそんなフィアカー談義です。
音楽家の銅像
ABC 古川 隆

音楽家の銅像

2020/09/30
ウィーンを歩いているといたる所に銅像があることに気がつきます。目立つものでは新王宮前の芝生広場にあるオイゲン公とカール大公の二つの大きな銅像でしょう。カール大公はご存じでしょうか? 
フランツ・レハール
ABC 古川 隆

フランツ・レハール

2020/08/31
日本人に馴染みが深いオペレッタと言えばなんといってもシュトラウスの「こうもり」とレハールの「メリー・ウィドウ」の二つが挙げられるでしょう。オペレッタの公演案内リーフレットをもらうと圧倒的にこの二つが多いです。
お食事はオペラの前?後?
ABC 古川 隆

お食事はオペラの前?後?

2020/07/31
日本のオペラ上演は、会場施設の使用終了時間から上演時間を逆算して設定しているようで開演時間がまちまちです。ウィーンではオペラ上演は平日ならたいてい8時からと決まっています。
国際列車の食堂車事情
ABC 古川 隆

国際列車の食堂車事情

2020/06/30
新型コロナウイルス感染症の影響で国境の封鎖が続いていたヨーロッパでも徐々に封鎖が解除され、国境をまたいでの列車運行が再開しているようです。広大な大陸で地続きのヨーロッパ諸国では国際特急は何カ国も通り抜けて長時間走ります。そして列車の中での食事に食堂車の存在は重要です。今回はそんなお話です。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー