【MixOnline】記事一覧2
トーステン ポール 氏 ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社 代表取締役社長 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 代表取締役会長

トーステン ポール 氏 ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社 代表取締役社長 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 代表取締役会長

2016/08/31
急速な高齢化の進展が進む中で、日本市場は変化の時を迎えている。製薬企業も変化に対応した戦略の立案、人財育成が急務だ。ベーリンガーインゲルハイムは今年に入り、“AAI”と呼ばれるマインドの起動に力を入れ、市場の変化への対応を急ぐ。
松森 浩士 氏 テバ製薬CEO兼社長(武田テバファーマ社長就任予定)

松森 浩士 氏 テバ製薬CEO兼社長(武田テバファーマ社長就任予定)

2016/08/31
「武田テバファーマ」が10月に始動する。ジェネリック(GE)最大手のテバ社と武田薬品との合弁会社で、GEや長期収載品で構成する「オフ・パテント・ドラッグ」のリーディングカンパニーを目指す。
2020年の製薬産業を語る PART 1

2020年の製薬産業を語る PART 1

2016/08/31
「医療、サイエンス、イノベーションの仕組みに、社会がまだついていけていない部分がある。いままさに、それが顕在化している」――。塩野義製薬の手代木功代表取締役社長はこう語る。革新的な新薬創出が製薬企業の根幹を支える中で、いかに創薬に取り組むかは企業にとって喫緊の課題だ。
厚生労働省 医薬・生活衛生局長 武田 俊彦 氏

厚生労働省 医薬・生活衛生局長 武田 俊彦 氏

2016/07/31
「これまでの製薬企業のプロモーションは病院が中心だったが、地域に行かないといけない。いまの仕組み、いまの体制、いまのプロモーションの自主基準が時代に合うのか再度検討すべきではないか」。厚生労働省の武田俊彦医薬・生活衛生局長はこう語る。
メルクセローノ株式会社 取締役 癌領域事業部事業本部長 桂 淳 氏

メルクセローノ株式会社 取締役 癌領域事業部事業本部長 桂 淳 氏

2016/07/31
メルクセローノは、主力のオンコロジー領域の中核製品アービタックスについて2015年4月にコ・プロ終了させて以降、事業基盤強化、営業部門拡大に取り組んできた。
大日本住友製薬株式会社 営業本部長 小田切 斉 氏

大日本住友製薬株式会社 営業本部長 小田切 斉 氏

2016/06/30
大日本住友製薬の新しい営業本部長に小田切斉・常務執行役員が4月に就任した。同社は「地域密着型の営業体制の強化を図る」として支店に戦略立案機能を持たせるなど大幅な営業組織の見直しを4月に実施した。
アストラゼネカ株式会社 専務取締役 執行役員 オンコロジービジネス日本代表 兼 オンコロジー・麻酔クリティカルケア事業本部長 益尾 憲 氏

アストラゼネカ株式会社 専務取締役 執行役員 オンコロジービジネス日本代表 兼 オンコロジー・麻酔クリティカルケア事業本部長 益尾 憲 氏

2016/05/31
「副作用マネジメントが群を抜いて優れていなければ、今後オンコロジー領域でトップ企業になることは難しい」。アストラゼネカ株式会社専務取締役執行役員の益尾憲氏はこう語る。
武田薬品工業株式会社 ジャパン ファーマ ビジネスユニット プレジデント 岩﨑 真人 氏

武田薬品工業株式会社 ジャパン ファーマ ビジネスユニット プレジデント 岩﨑 真人 氏

2016/04/30
武田薬品は2016年4月、日本でジェネリック(GE)世界最大手のテバ社と合弁会社を発足させ、降圧剤ブロプレスなど長期収載品約30製品を合弁会社子会社の「武田テバ薬品」に移管させた。
日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会 委員長 塩野義製薬常務執行役員 加茂谷 佳明 氏

日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会 委員長 塩野義製薬常務執行役員 加茂谷 佳明 氏

2016/04/30
高額薬剤をめぐる議論が加熱し始めている。4月4日の財務省の財政制度等審議会では、抗がん剤・オプジーボの薬剤費が年間1兆7500億円に上るとの推計が報告された。
アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社 高橋 栄一 氏、鈴木 幸也 氏

アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社 高橋 栄一 氏、鈴木 幸也 氏

2016/03/31
1剤目の新薬となる高コレステロール血症治療薬・レパーサ(一般名:エボロクマブ(遺伝子組換え))が1月22日に製造販売承認を取得したアステラス・アムジェン・バイオファーマ。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー