【MixOnline】記事一覧2
公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)

公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)

2018/04/30
グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)の第2期ストラテジックプランが2018年度からスタートした。期間は2022年度までの5年間。途上国の患者さんに向けて、HIV/AIDS、マラリア、結核、熱帯病などを対象とした新薬開発と製品化、デリバリー戦略の構築など、パートナーからの拠出金で実現する。
東和薬品 代表取締役社長 吉田 逸郎 氏

東和薬品 代表取締役社長 吉田 逸郎 氏

2018/04/30
「ジェネリックメーカーは、付加価値製剤でイノベーションを起こすことができる」-。東和薬品の吉田逸郎社長はこう話す。後発品80%目標の達成時期が2020年9月に迫る中で、品質や安定供給などは必須で、先発品への付加価値が必要との考えだ。
武田薬品 地域包括ケアに対応する新営業体制スタート

武田薬品 地域包括ケアに対応する新営業体制スタート

2018/03/31
武田薬品は、がんとワクチンを除く国内の医療用医薬品事業を担うジャパンファーマビジネスユニット(JPBU)の営業体制を、4月に刷新した。プライマリーケア製品を扱う「ジェネラルメディスンビジネスユニット」(GMBU)と専門性の高い革新的新薬を扱う「スペシャルティビジネスユニット」(SPBU)を設置。
IQVIAジャパングループ会長 湊 方彦 氏

IQVIAジャパングループ会長 湊 方彦 氏

2018/03/31
IQVIA(アイキュービア)は4月1日付で、日本法人を「IQVIAソリューションズジャパン」(旧アイ・エム・エスジャパン)と「IQVIAサービシーズジャパン」(旧クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン)に社名変更した。
ファイザー株式会社 代表取締役社長 原田 明久 氏

ファイザー株式会社 代表取締役社長 原田 明久 氏

2018/02/28
ファイザー日本法人の代表取締役社長に就任した原田明久氏は、悪条件の中での船出となった。
仏サノフィ 糖尿病・循環器ビジネスユニット シニアバイスプレジデント メディカルアフェアーズヘッド アントニオ タタラーニ 氏

仏サノフィ 糖尿病・循環器ビジネスユニット シニアバイスプレジデント メディカルアフェアーズヘッド アントニオ タタラーニ 氏

2017/12/29
仏サノフィの糖尿病・循環器ビジネスユニット・シニアバイスプレジデントでメディカルアフェアーズヘッドのアントニオ タタラーニ氏(医学博士)は、来日に合わせて本誌取材に応じ、日本でも糖尿病患者が増えていることに伴い、糖尿病との関連性が指摘されている心血管疾患リスクが高まるおそれがあることを挙げ、「糖尿病、循環器の先生方の連携が重要になってくる」と指摘した。
厚生労働省 医政局 経済課長 三浦 明 氏

厚生労働省 医政局 経済課長 三浦 明 氏

2017/10/31
「成果を出した企業が正当なリワード(報酬)を受けることができるフェアな市場にしていくことが産業振興だと考えている」――。厚生労働省医政局経済課の三浦明課長はこう語る。
ノバルティス 次期CEO 現・グローバル医薬品開発部門責任者兼チーフメディカルオフィサー ヴァサント・ナラシンハン 氏

ノバルティス 次期CEO 現・グローバル医薬品開発部門責任者兼チーフメディカルオフィサー ヴァサント・ナラシンハン 氏

2017/10/31
「データサイエンスによって支えられる革新的な新薬を創出する企業に変化させたい」。2018年2月1日付でノバルティスのCEOに就任するヴァサント・ナラシンハン・グローバル医薬品開発部門責任者兼チーフメディカルオフィサーは本誌との単独インタビューでこう語った。
社会保険診療報酬支払基金 理事長 伊藤 文郎 氏

社会保険診療報酬支払基金 理事長 伊藤 文郎 氏

2017/09/30
国が推進する「データヘルス改革」。ビッグデータ分析を行う事業者のひとつに名前が挙がる社会保険診療報酬支払基金の伊藤文郎理事長に話を聞いた。
健康保険組合連合会 理事(中医協支払側委員)幸野 庄司 氏

健康保険組合連合会 理事(中医協支払側委員)幸野 庄司 氏

2017/09/30
2018年度診療報酬改定の基本方針には、「医療従事者の負担を軽減し、働き方改革を推進」が新たに盛り込まれた。医師不足や医師の偏在が地域医療に深刻な影を落とす中で、医療ICTの活用やチーム医療の推進がカギを握る。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー