【MixOnline】記事一覧2
薬価制度改革

薬価制度改革

2017/01/31
昨年末、薬価の毎年改定の導入決定は、製薬業界を震撼させた。菅官房長官が「鉄は熱いうちに打て」と語ったように、国民の負担軽減に主眼を置く官邸主導での改革はスピードをもって断行されることになる。
【インタビュー全文】山形県・酒田市病院機構・栗谷理事長 地域医療連携推進法人の設立 2035年、2040年の地域医療危機に備える

【インタビュー全文】山形県・酒田市病院機構・栗谷理事長 地域医療連携推進法人の設立 2035年、2040年の地域医療危機に備える

2017/01/27
地域医療連携推進法人の設立で地域の医療、市場が大きく変わる可能性がある。山形県・酒田市病院機構・栗谷理事長にインタビューした。
医師モニター調査にみる製品プロモーションの評価

医師モニター調査にみる製品プロモーションの評価

2016/12/26
MRを取り巻く環境は大きく変化している。病院の訪問規制やアポイント制の導入により、医師との面談時間も従来に比べて短縮傾向にある。
ゼロから学ぶ“費用対効果評価”

ゼロから学ぶ“費用対効果評価”

2016/12/26
C型肝炎治療薬・ハーボニー配合錠やソバルディ錠、抗がん剤・オプジーボなど、革新的であるものの、高薬価の薬剤が増加してきている。
中医協総会 緊急薬価改定

中医協総会 緊急薬価改定

2016/11/30
中医協総会は11月16日、高額薬剤問題で焦点となっていた抗がん剤・オプジーボの薬価を緊急的に50%引き下げる方針を決定した。
少子高齢化時代に合致

少子高齢化時代に合致

2016/11/30
塩野義製薬の手代木功社長は10月31日の記者会見で、2020年までの中期経営計画を解説し、同社の強みである低分子創薬を軸に効率化を進めることで、イノベーションと医療経済性を兼ね備えた新薬を創出する方針を明らかにした。
大手・準大手9社 16年度 国内医療用薬業績計画

大手・準大手9社 16年度 国内医療用薬業績計画

2016/11/30
大手、準大手の上場企業9社の直近の決算資料から2016年度通期計画をまとめたところ、国内医療用医薬品事業は、開示7社のうち前年度実績比で増収3社(第一三共、エーザイ、田辺三菱)、減収3社(アステラス、大日本住友、塩野義)、ほぼ横ばいが1社(中外)――となった。
中医協薬価専門部会、財政審分科会、諮問会議が包囲網

中医協薬価専門部会、財政審分科会、諮問会議が包囲網

2016/10/31
10月4日開催の財務省・財政審分科会、翌5日の中医協薬価専門部会、そして14日の政府の経済財政諮問会議を通じ、抗がん剤・オプジーボの臨時薬価引き下げの包囲網が完全に敷かれた。
医薬品の使用・選択は「事実上メーカーに支配」

医薬品の使用・選択は「事実上メーカーに支配」

2016/10/31
厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課の磯部総一郎課長は9月25日、都内で開催された日本女性薬局経営者の会(JLIPA)で講演し、医薬品の使用・選択が「事実上メーカーに支配されているのでは」と述べ、製薬企業のMRを通じたディテーリングに問題意識を示した。
【インタビュー全文】ギリアド・折原社長 “価値”に基づいた医薬品の評価を ステークホルダーとの対話を重視

【インタビュー全文】ギリアド・折原社長 “価値”に基づいた医薬品の評価を ステークホルダーとの対話を重視

2016/10/14
ギリアド・サイエンシズの折原祐治社長は10月13日、本誌インタビューに応じ、「行政や保険者も含めて色々なステークホルダーに啓もうしていく活動に、もっと力を入れていかないといけないと考えている」と決意を示した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー