【MixOnline】記事一覧2
地域での医薬品共同交渉・購入への道筋
絞り込みは前提条件?

地域での医薬品共同交渉・購入への道筋

2019/10/31
地域単位での医薬品の共同交渉・購入においては、同事業を目標に掲げている地域医療連携推進法人においても苦戦している様子がうかがえる。共同交渉・購入が進まない理由は何か。
ビッグデータを手にするものがビジネスを征す

ビッグデータを手にするものがビジネスを征す

2019/10/31
2025年、2030年の未来予想図を描き、バックキャストの手法を用いて中期経営計画や重点投資先を考える――。そんな議論を交わす機会が増えている。2025年は団塊世代が後期高齢者となり、日本は超高齢化社会を迎える。
“データドリブン”で革新的新薬創出
Novartis Ronenn Roubenoff 氏

“データドリブン”で革新的新薬創出

2019/10/31
「まさにデータドリブンな企業だ」――。Translational Medicine Discovery&ProfilingのRonenn Roubenoff Global Headは、ノバルティスをこう称する。
データ勝者が製薬ビジネスを主導する
ノバルティス 開発品90%超がファーストインクラス

データ勝者が製薬ビジネスを主導する

2019/10/31
「ファーストインクラス、もしくは最初の適応の可能性のあるプロジェクトが90%」。革新的新薬創出で世界をリードしてきたノバルティス。同社が注力するのが、“デジタルトランスフォーメーション(デジタルによる構造転換)”だ。
地域の自主性重んじた医療機能再編は困難? 国の包囲網ジワリ
迷走する地域医療構想の“現在地”

地域の自主性重んじた医療機能再編は困難? 国の包囲網ジワリ

2019/10/31
厚生労働省は9月26日の地域医療構想に関するワーキンググループで、具体的対応方針の再検証が必要な公立・公的医療機関等424病院および地域を公表した。
病院が抱える新薬採用の新たな課題
「施設」から「地域」への転換考える時

病院が抱える新薬採用の新たな課題

2019/09/30
ミクス編集部が毎年この時期に実施している「新薬採用アンケート」の調査結果がまとまった。調査は全国の病院薬剤部に調査票を配布し、直近1年間に上市した新薬の採用状況について回答を頂くもの。
採用率トップは骨粗鬆症薬イベニティ
19年版新薬採用アンケート調査

採用率トップは骨粗鬆症薬イベニティ

2019/09/30
ミクス編集部が全国の病院薬剤部を対象に行った「新薬採用アンケート調査2019年版」によると、採用口座数の最も多かった新薬は、骨粗鬆症治療薬イベニティだった。採用率は62.5%。今回調査対象とした47製品中、唯一6割を超えた。
新薬採用の主導権 医師にある傾向変わらず
なぜあの新薬を採用したのか

新薬採用の主導権 医師にある傾向変わらず

2019/09/30
新薬採用アンケート2019年版では、採用病院に採用理由を選択式(複数回答可)で聞いた。採用率上位20製品をみると、「医師からの要望」が新薬採用に大きく影響していることが改めて確認された。
骨粗鬆症薬イベニティ 採用施設の約6割が薬理作用を評価
新薬採用率62.5%(第1位)

骨粗鬆症薬イベニティ 採用施設の約6割が薬理作用を評価

2019/09/30
2019年新薬採用アンケートの採用率第1位は、骨粗鬆症治療薬イベニティ皮下注105mgシリンジ(一般名:ロモソズマブ(遺伝子組換え)、製造販売元:アステラス・アムジェン・バイオファーマ)だった。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー