【MixOnline】記事一覧2
期待されるPBPMの浸透 医療施設間の標準化が課題か
薬剤関連のタスク・シフト/シェアは進むのか

期待されるPBPMの浸透 医療施設間の標準化が課題か

2019/11/30
2024年4月からスタートする勤務医の時間外労働規制を見据え、超過勤務医師の多い医療機関では今後の4年余りで時間短縮を図り、一定の水準をクリアしていかなければならない。
ポリファーマシー解決へ 一般国民へのリテラシー向上がカギ

ポリファーマシー解決へ 一般国民へのリテラシー向上がカギ

2019/11/30
国民・患者への医薬品適正使用の普及啓発が重要性を増している。高齢化が進展し、ポリファーマシーをめぐる課題が顕在化するなかで、医療従事者だけでなく、介護従事者、患者・一般国民も巻き込んだ環境整備の必要に迫られている。一方で、国民皆保険の日本では一般国民の医薬品情報へのリテラシー向上は課題となっている。
病院経営はこの数年間で着実に変化している
薬剤購入者の息遣いを注視せよ

病院経営はこの数年間で着実に変化している

2019/10/31
病院経営はここ数年間で着実に変化している。政府が地域包括ケアシステムの構築に動く中で、2016年、18年の診療報酬改定は病院長や事務長の経営マインドに少なからず変化をもたらした。
地域・エリア戦略の大転換
2025年、30年の絵姿からバックキャスト

地域・エリア戦略の大転換

2019/10/31
製薬企業がこれまで定石としてきた「地域・エリア戦略」が大きな転換期を迎えようとしている。処方に影響力を持つ地元の医科大学の教授を軸に、研究会・講演会などを通じ、地域基幹病院や診療所の医師に自社医薬品を浸透させてきた。
約半数の病院 薬剤購入予算が経営圧迫

約半数の病院 薬剤購入予算が経営圧迫

2019/10/31
ミクス編集部は、新薬採用アンケート2019年版(詳細は10月号に掲載)の実施にあわせて、病院薬剤部に高額な医薬品/再生医療等製品の採用方針も聞いた。
バイオセイムは浸透傾向 回答の7割が採用の意向
ネスプのバイオセイムの採用

バイオセイムは浸透傾向 回答の7割が採用の意向

2019/10/31
腎性貧血治療薬・ネスプ(協和発酵キリン)のバイオセイムを採用する意向を表明した医療機関は7割以上――。本誌が病院薬剤部を対象に行った調査からは、バイオセイムが浸透するさまが浮き彫りになった。
新たな医薬品共同交渉・購入の起爆剤になるか
地域医療連携推進法人のいま

新たな医薬品共同交渉・購入の起爆剤になるか

2019/10/31
医薬品の共同交渉・共同購入は、数多くの医療機関を運営する法人等の専売特許といえる。異なる医療圏にまたがるような巨大グループ病院ほど、そのスケールメリットは大きい。
地域での医薬品共同交渉・購入への道筋
絞り込みは前提条件?

地域での医薬品共同交渉・購入への道筋

2019/10/31
地域単位での医薬品の共同交渉・購入においては、同事業を目標に掲げている地域医療連携推進法人においても苦戦している様子がうかがえる。共同交渉・購入が進まない理由は何か。
ビッグデータを手にするものがビジネスを征す

ビッグデータを手にするものがビジネスを征す

2019/10/31
2025年、2030年の未来予想図を描き、バックキャストの手法を用いて中期経営計画や重点投資先を考える――。そんな議論を交わす機会が増えている。2025年は団塊世代が後期高齢者となり、日本は超高齢化社会を迎える。
“データドリブン”で革新的新薬創出
Novartis Ronenn Roubenoff 氏

“データドリブン”で革新的新薬創出

2019/10/31
「まさにデータドリブンな企業だ」――。Translational Medicine Discovery&ProfilingのRonenn Roubenoff Global Headは、ノバルティスをこう称する。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー