【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アステラスとUMN 細胞培養季節性インフルワクチン フェーズ3治験薬接種完了

公開日時 2012/12/12 04:01

アステラス製薬はUMNファーマは12月11日、細胞培養による季節性インフルエンザワクチン「ASP7374」のフェーズ3で被験者全員への治験薬の接種が完了したと発表した。1020人を対象に、国内で既に承認されている鶏卵ワクチンと効果や安全性を比較し、劣っていないことを検証する。15年3月までの実用化を目指す。

このワクチンは異なる3種類の抗原からなる季節性インフルエンザHAワクチン細胞培養ワクチンは、これまでの鶏卵を使用した製造法に比べ、半分程度の数カ月内の製造が可能になるといわれる。米国では同ワクチンは承認審査中。

なお、細胞培養のH5N1ワクチン「ASP7373」は並行して開発が進められている。
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー