【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

13年1月度病院薬剤採用調査 トップはゴナックス皮下注用

公開日時 2013/02/27 04:02

 ミクス編集部が行った2013年1月度病院薬剤採用調査によると、トップは前立腺がん治療薬ゴナックス皮下注用(一般名:デカレリクス酢酸塩、アステラス製薬)。前月の2位から1位にランクアップした。

第2位は、加齢黄斑変性治療薬アイリーア硝子体内注射液40mg/mL(アフリベルセプト遺伝子組換え)など9品目。アイリーアは昨年11月発売のVEGF阻害薬で、維持期の投与間隔が2か月に1回と長いのが特長。バイエル薬品が開発し、参天製薬が販売、医薬品情報提供活動をバイエル薬品、参天製薬両社が共同で行っている。

また、同じく昨年11月発売の慢性便秘症治療薬アミティーザ(ルビプロストン、スキャンポファーマ、販売はアボットジャパン)、抗精神病薬ジプレキサ(オランザピン、日本イーライリリー)の新剤形の筋注も第2位に入った。

このほか2位には、高血圧治療薬アジルバ(アジルサルタン、武田薬品)、腎細胞がん治療薬インライタ錠(一般名:アキシチニブ、ファイザー)、DPP-4阻害薬エクア(ビルダグリプチン、ノバルティスファーマ)、抗精神病薬エビリファイ内用液 (アリピプラゾール、大塚製薬)、アレルギー性鼻炎治療薬エリザス点鼻粉末200μg28噴霧用 (デキサメタゾン シペシル酸エステル、日本新薬)血清カリウム抑制薬カリメート経口液(ポリスチレンスルホン酸カルシウム、興和創薬)が入った。

新規処方調査 新規処方トップはネキシウム

医師の新規処方ランキングでは、プロトンポンプ阻害薬ネキシウム(エソメプラゾール)が、アストラゼネカ、第一三共が同数でトップ。2位には、DPP-4阻害薬テネリア(テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物、田辺三菱製薬)が入った。テネリアに関しては、3位に第一三共も入っている。

調査はMonthlyミクスが毎年行っている新薬採用アンケートに回答頂いた病院薬剤部から80病院(国公立、自治体、準公的、民間など)に定点観測をお願いし、毎月ごとの新薬採用・採用停止品目について集計した。臨床医についてはMCIとの協力により、内科系医師についてインターネットより回答を得た。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー