【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

C型肝炎 IFNフリー療法の2剤 MR、ネット、研究会で存在感

公開日時 2014/11/01 00:00
C型慢性肝炎では従来、注射薬のインターフェロン(IFN)と経口抗ウイルス薬リバビリンの併用が治療の中核だったが、注射に伴う苦痛と自殺企図や間質性肺炎というIFNの副作用などが患者の治療継続を阻んできた側面がある。それに加え、国内患者のほとんどはIFNの治療効果が低いC型肝炎ウイルス(HCV)のセログループ1で占められ、この型では治癒に至るのは半数程度という問題もあった。今回は新たに登場したC型慢性肝炎の経口薬についての処方影響力を検証する。まず、最新の14年9月の全チャネルでの処方影響力はダクルインザ、スンベプラ、ソブリアード、テラビックの順である。HCVの複製に必須の蛋白である非構造蛋白NS5Aの機能を阻害するダクルインザと、プロテアーゼ阻害薬スンベプラは、両薬の2剤併用で用いる。ウイルス...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(0)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー