【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

リーズンホワイ・18年度改定影響度調査 「入院基本料1」算定可能病院は17%にとどまる

公開日時 2018/04/18 03:50

医療経営のデータ分析サービスを提供するリーズンホワイ(塩飽哲生代表取締役 本社・東京都港区)は4月18日までに、2018年度診療報酬改定の影響度に関する独自調査の結果を発表した。それによると、新たに設定した「入院基本料1」を算定できる医療機関はわずか17%に止まることが分かった。算定要件のうち、影響の大きかった未達項目は「重症度、医療看護必要度」だった。


調査は、2016年度病床機能報告で「一般病棟7対1入院基本料」を算定している急性期病院1518施設を抽出し、このうち、①重症度。医療・医療看護必要度、②在宅復帰・病床機能連携率等の算出に必要なデータ、③平均在院日数-の3項目が全て報告されている1425施設を対象に行った。今改定で新設された「急性期一般病棟入院料1」の基準を満たしているかどうか分析したところ、全て満たした施設は239施設(17%)で、1170施設(82%)は1~2項目で未達となった。


分析結果をみると、「重症度、医療看護必要度」のみ未達が548施設(38%)、「在宅等復帰率」のみ未達が223施設(16%)、「平均在院日数のみ未達」が4施設(0%)、「重症度、医療看護必要度」と「在宅等復帰率」が未達が381施設(27%)、「重症度、医療看護必要度」と「平均在院日数」が未達が8施設(1%)、「平均在院日数」と「在宅等復帰率」が未達が6施設(0%)だった。なお、全て未達は16施設(0%)。


調査を行ったリーズンホワイによると、「2016年度の病床機能報告ベースのデータであるため、16年度以降に病床転換を行っている病院や、実績の大幅な変化があった病院があることが想定されるものの、今回の入院基本料1の設定は厳しさをうかがえる結果」とコメントした。

 

 

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー