【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

英NICEガイダンス案 片頭痛薬Aimovigを非推奨

公開日時 2019/10/17 03:50
英国立医療技術評価機構(NICE)は9月26日、Novartis社の慢性および反復性片頭痛予防薬Aimovig(エレヌマブ)について、NHS(英国民保健サービス)における使用を推奨しないとする最終ガイダンス案を発表した。

同剤は、抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体拮抗剤と呼ばれる新規作用機序を持つ薬剤。4週毎に自己注射を行い、年間薬剤費は約5000ポンド(67万1652円、1ポンド=134円換算)となる。

NICEの独立委員会は、当初ガイダンス案で当該企業からの新規の費用対効果分析結果を検討してきた。しかし、同剤の有するエビデンスは、エレヌマブがベストサポーティブケアと比較すると臨床的に有効な治療法であり、同剤の臨床試験に他の予防治療で失敗した患者を含んでいなかったことに対して懸念を示した。同委員会は、この患者集団に最も予防治療が必要だと考えていた。また、同剤の長期にわたる有効性が不明確な点も懸念があるなど数点の疑問点を指摘した。

慢性片頭痛については、エレヌマブと現在NHSで使用が推奨され標準療法とされている、ボツリヌス菌A型と直接比較するエビデンスはない。このため、委員会は、エレヌマブが現行標準療法よりも臨床的に有効であるか否かについては高度の不確実性があることを再確認したと説明している。また、NICEは、当該企業が、反復性片頭痛については、更新後のいかなる費用対効果分析も提出していないとしている。同委員会では、以上の点および当該企業の新規の薬剤提供合意提案などを考慮した結果、費用対効果の観点からNICEが通常受け入れられる閾値を超えているとして非推奨とした。

英国では、約19万人の女性が片頭痛発作に襲われているといわれる。片頭痛経験者は女性の場合、人口の5‐25%、男性の場合、2‐10%程度と見込まれている。NICEは、同最終案についての意見募集を行っており、11月には最終ガイダンスを発行する考え。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー