【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

LINEヘルスケア オンライン診療サービス「LINEドクター」を首都圏の一部医療機関で先行提供

公開日時 2020/12/18 04:50
LINEとエムスリーの合弁会社のLINEヘルスケア(室山真一郎社長)は12月17日、オンライン診療サービス「LINEドクター」を首都圏の一部医療機関で先行提供を開始したと発表した。月間利用者が8600万人というLINEユーザーがオンラインで医療機関を受診する際に、病院・診療所の検索・予約から実際の診察・決済までをLINE上で完結できる。同社はこれら機能を備えた医療機関向けの「Basic Plan」を用意しており、初期費用・月額費用無償で提供する考え。今回は地域限定の先行提供となるが、同社はユーザーや医療機関の意見をもとに改良を加え、オンライン診療の更なる普及とエリア拡大につなげたい考えだ。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、政府は4月に初診を含むオンライン診療の時限的・特例的な全面解禁に踏み切った。ただ、オンライン診療が浸透するにあたり、医療機関側の導入ハードルなどが課題となってきた。「LINEドクター」は医療機関側のオンライン診療の導入負荷を減らすことを目的に、医療機関の予約機能、LINEビデオ通話機能、決済機能が搭載されている。こうした機能をパッケージ化した「Basic Plan」を提供する考え。

一方、患者にとっては通院の負担がなく、自宅に居ながら診療を受けることができるため、仕事や家族の用事などで忙しい患者にとってはメリットが大きい。さらにLINEを活用することで、医療という非日常と日常の垣根を低くすることが出来るため、早期の治療や継続した治療が可能となる。新型コロナウイルス感染症の感染拡大が拡がる中で、一般患者がコロナへの感染リスクをオンライン診療の活用で回避できるなども期待できる。

同社は「LINEドクター」を利用する医療機関向けスターターキットを用意する。「LINEドクター」の導入を示すポスターやPOP、ステッカー、具体的な利用方法を理解いただくためのご利用ガイド、予約可能なQRコードが記載されているクリニックカード等を提供する予定。



プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー