ヤンセン 新規C型肝炎治療薬シメプレビルを日本で承認申請  

公開日時 2013/02/25 04:01
  • Twitter
  • 印刷

 ヤンセンファーマは2月22日、経口の新規C型慢性肝炎治療薬シメプレビル(開発コード「TMC435」)を日本で承認申請したと発表した。HCVの複製に関与するセリン・プロテアーゼを直接阻害することによって、ウイルスの増殖を抑える作用を持つ。

同社は、国内で4つのフェーズ3試験を行い、ジェノタイプ1型の患者を対象にシメプレビルとペグインターフェロン(α-2aまたはα-2b)とリバビリンの3剤併用療法で効果を検証し、申請に至った。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/