AZ 社内MSL認定制度がJAPhMed認証

公開日時 2015/06/15 03:51
  • Twitter
  • 印刷

アストラゼネカ(AZ)は6月12日、社内のMSL認定制度が日本製薬医学会(JAPhMed)による認証を受けたと発表した。JAPhMedは、ニーズ高まるMSL活動について、定義は各企業において様々で、MSL活動の質を担保する第三者機関はなかったとして、14年10月に各社のMSL認定制度に対する外部認証事業を開始すると発表していた。AZが認証第一号となった。

 
JAPhMedは、MSLについて「医学・科学における高度な専門性、学術知識や学位を持ち、社外・社内において医学的・科学的な面から製品の適正使用の推進、製品価値の至適化などを支援する職種」とし、プロモーション活動とは一線を引いて、オピニオンリーダーや医学研究者などを訪問し,医学的・科学的な議論や学会活動などを通じて医学情報の伝達・入手を行う活動を行うとしている。
 
このAZの発表に、JAPhMedのメディカルアフェアーズ担当理事である岩本和也氏は、「国内ではMSL活動の歴史が浅く、その役割や位置づけにも様々な解釈があるが、今般、JAPhMed が第三者認証機関として社内体制に対する審査体系を確立し、具体的な審査を通して評価を行うことができた。これから体制作りに着手予定という企業も多いと思われるが、JAPhMed では認証基準を提示するだけでなく、社内体制作りへのアドバイスも提供しているので、積極的に各種相談に応じていく予定である」とのコメントを寄せた。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/