生活習慣病 高血圧だけ、高脂血症だけの患者 減少傾向

公開日時 2016/07/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
2疾患以上に罹患70歳代で過半数占める、年代別で最多従来、本連載では疾患領域別に薬剤処方状況を例示し、その傾向を分析してきたが、この逆で薬剤の処方状況から疾患の疫学的動向を探り、治療薬のディテールへの示唆を得ることも可能なはずである。そこで今回は医療に対する潜在的ニーズが高い、生活習慣病領域について一般的な高血圧症、高脂血症、糖尿病に、高尿酸血症も加えた4疾患での患者動向を検証してみたい。調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータから、これら4疾患が適応となる薬剤服用者を抽出し、2013年度、15年度の罹患疾患数の推移を比較した。15年度はこの4疾患のうち1疾患のみに罹患している人が54.2%、2疾患が32.5%、3疾患が11.8%、4疾患が1.5...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/