尋常性ざ瘡治療薬 過酸化ベンゾイルベースの治療伸長

公開日時 2017/05/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
既存抗菌薬のシェアは低下傾向新薬との競合、薬剤耐性菌の回避で常性ざ瘡(にきび)は、思春期以降に発生する顔面、胸背部の毛包脂腺系を場とする脂質代謝異常、角化異常、細菌の増殖が複雑に関与する慢性炎症性疾患である。「青春のシンボル」ともいわれ、皮膚疾患としての認識が低く、治療満足度も十分とはいえなかった。そのような中で2008年以降、新規機序または世界標準の医療用外用剤が相次ぎ発売され、治療が大きく前進した。そこで今回は、ざ瘡治療薬の処方動向を俯瞰してみる。いつも通り、調剤レセプトベースから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータを用いて検証する。まず、ざ瘡治療薬を振り返ると、抗菌薬が中心のざ瘡治療において、08年に日本初の外用レチノイド製剤であるアダパレン(一般名、...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/