疼痛薬リリカ 整形外科でシェア21%、疼痛専門科で44%

公開日時 2017/07/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
高齢者での使用傾向高く処方患者の過半数が70歳以上慢性疼痛患者は推計約2700万人とされる。なかでも重症度が高いのが、神経の障害や損傷、変質などから起きる神経障害性疼痛だ。代表的な治療として三環形抗うつ薬などが使われていたところに2010年、リリカ(一般名:プレガバリン)が登場し、いまや神経障害性疼痛の第一選択薬となっている。そこで今回はリリカを中心に、経口疼痛薬の動向を検証したい。いつも通り、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータを見てみる。全診療科を対象に経口疼痛薬のクラス別の処方患者数ベースのシェアを確認すると、直近17年5月時点ではトップが経口NSAIDsの61%で、次いでアセトアミノフェンの28%、リリカの12%、トラマドール製剤(単...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/