第一三共エスファ クレストールのAGを発売 オルメテックODのAGの発売は15日

公開日時 2017/09/14 03:51
  • Twitter
  • 印刷

第一三共エスファは9月13日、高脂血症治療薬クレストールのAGであるロスバスタチン錠2.5mg「DSEP」と同5mg「DSEP」を発売した。オルメテックODのAGでオルメサルタンOD錠5mg「DESP」、同10mg「DESP」、同20mg「DESP」、同40mg「DESP」は15日に発売する。

クレストールとオルメテックの通常の後発医薬品(GE)は17年12月の参入見込みで、それに対しAGは3か月早い市場投入となり、エスファは先行してシェア確保を図る。両AGともいずれも6月16日に薬価追補収載されていた。クレストールAGは通常錠のみ、オルメテックAGはOD錠のみ。流通面では両剤ともに第一三共を通じて卸へ販売する。 

薬価(1錠)は次のとおり。

ロスバスタチン錠2.5mg:31.60円、同5mg:60.70円
オルメサルタンOD錠5mg:15.60円、同10mg:29.60円、同20mg:56.40円、同40mg:84.60円

<訂正>(9月14日)
オルメサルタンOD錠の薬価を訂正しました。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/