DPP-4阻害薬 経口血糖降下薬市場でシェア7割

公開日時 2018/02/28 00:00
  • Twitter
  • 印刷
胆汁排泄型のトラゼンタ好調、75歳以上高齢者で処方多く2009年12月にファーストインクラスのDPP-4阻害薬シタグリプチン(先発品名:ジャヌビア、グラクティブ)が発売されてから8年あまり。この間、DPP-4阻害薬は、配合剤の発売、併用する糖尿病治療薬を問わない「2型糖尿病」への適応拡大、プラセボと比較して心血管イベントリスクを増大させないことを示した大規模臨床試験の発表など、市場環境が変化してきた。そこで、いつも通り医療情報総合研究所(JMIRI)の調剤レセプト情報データを用いて、DPP-4阻害薬市場のいまを確認する。17年12月時点の経口血糖降下薬のクラス別の患者数シェア(複数のクラスの併用は重複してカウント)は、DPP-4阻害薬が66%とトップで、次いでビグアナイド(BG)薬が34%、...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/