65歳以上の7割が「年をとることに不安」 男性より女性10ポイント高く バイエル薬品の調査

公開日時 2018/10/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

バイエル薬品が全国の65歳以上の男女1648人を対象に行った調査によると、69.1%が「年をとることに不安がある」(やや不安49.9%含む)と回答した。男性が64.0%だったのに対し、女性は74.1%と約10ポイント、女性の方が高かった。最も強い不安は「身体の衰え」で、次いで要介護状態になること、自立した生活を送れなくなることだった。

 
疾病については50%近い人が不安に感じるものとしては循環器、脳、がん、目の病気が挙がった。不安を感じる病気の割合は、男性では高い方から循環器、がん、脳だが、女性は脳、目、骨など整形外科に関わる病気の順だった。年をとることに伴う不安について話したいと思っている相手は、自身の子どもと医療関係者だった。
 
調査は、独バイエル社が取り組むヘルシーエイジングの推進の一環で、バイエル薬品が18年6月にインターネットにより行ったもの。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/