アステラス ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬アネキセート注射液をアスペンに承継 明年1月

公開日時 2018/11/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アステラス製薬は11月6日、日本で製造販売しているベンゾジアゼピン受容体拮抗薬アネキセート注射液0.5mg(一般名:フルマゼニル)について、2019年1月1日付でアスペンジャパンへ製造販売承認の承継、販売移管すると発表した。

同剤は「ベンゾジアゼピン系薬剤による鎮静の解除及び呼吸抑制の改善」が効能・効果。アステラスによると、17年度売上高は約12億円で、重点領域の製品ではないことから、麻酔領域に強いアスペンジャパンに承継することで価値最大化が図れると判断したとしている。アスペンジャパンは、2019年1月から同剤の製造販売元として医薬情報提供・収集・伝達に関する業務を行う。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/