UCB、アステラス 関節リウマチ薬シムジアの自動注入製剤を発売

公開日時 2018/12/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ユーシービージャパン(UCB)とアステラス製薬は、関節リウマチ治療薬シムジア皮下注200mgの自動注入製剤を11月28日に発売したと発表した。指でボタンを押す必要がないよう設計され、手を患っている患者にも使いやすいように、滑り止め加工を施した太いグリップを採用した。

製品名はシムジア皮下注200mgオートクリックス(セルトリズマブ ペゴル(遺伝子組換え))。注射の進行状況を本体の窓から見ることができ、注射開始時と完了時に2回のクリック音によって、全ての薬液が投与されたことが確認できる。UCBは、ユーザーフレンドリーで配慮の行き届いたデザインに定評のあるOXO社との提携関係を継続し、Bespak社からライセンス供与を受けた技術に基づいて開発した。

薬価は200mg1mL1キット6万1745円。UCBが製造・供給し、アステラスが流通・販売する。プロモーションは両社で行う。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/