シャイアー 人免疫グロブリン・ガンマガード静注用の5g製剤を発売 1回あたりの投与本数減少

公開日時 2019/02/06 03:50
  • Twitter
  • 印刷

武田薬品は、グループのシャイアー・ジャパンが製造販売する人免疫グロブリン製剤ガンマガード静注用について、5g製剤を2月4日に発売したと発表した。同剤の用法・用量は1回あたり体重換算で定められており、既存の2.5g製剤と比べ、投与する本数を減らせることから、利便性や患者の負担軽減を期待する。

同剤は、免疫不全症である低または無ガンマグロブリン血症や、重症感染症の治療における抗生物質との併用に用いる。それらの患者は細菌感染にかかりやすくなるため、感染症を予防する目的で、免疫グロブリン製剤による補充療法を行う。

薬価は、1瓶2万5364円。2.5g製剤の供給は19年8月で終了する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/