第一三共エスファ 新社長に村川健太郎氏 4月1日付

公開日時 2019/02/25 03:50
  • Twitter
  • 印刷

第一三共は2月22日、後発医薬品事業を行う子会社の第一三共エスファの新たな代表取締役社長に村川健太郎氏が4月1日付で就任すると発表した。村川氏は現在、第一三共の執行役員で、医薬営業本部営業企画部長兼営業推進グループ長。交代理由について第一三共は「義若社長の約7年でエスファの事業は大幅に伸長した。(村川氏は)エスファと営業本部の連携を進め、成長の実現を支えた」としている。

村川氏は1959年2月28日生まれ59歳。1982年4月に第一製薬入社。医薬営業本部流通政策部長、東海支店長を経て、16年4月には第一三共執行役員に昇格し、医薬営業本部東京支店長に就任。18年10月から現職。現社長の義若博人氏は12年4月から社長を務めている。4月1日付で第一三共エスファ取締役に異動する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/