EMAとHMAが報告書 ビッグデータの定義まとめる

公開日時 2019/03/05 03:50
  • Twitter
  • 印刷
欧州医薬品庁(EMA)と欧州医薬品担当機関幹部会(HMA)は2月15日、医薬品にかかわるビッグデータの定義などをまとめた報告書「HMA‐EMAビッグデータ共同作業班概要報告」(HMA-EMAJointBigDataTaskforce:SummaryReport)を発表した。ビッグデータは、「複雑、多次元、非構造的かつ異種で極度に大規模なデータセット」と定義づけた。そのうえで、「急速に蓄積し、そのパターンや傾向、関連性を示す目的で電算機によって分析可能なものである。一般的に、ビッグデータセットは、信頼できる制約の中で解答を得る目的では先進的かつ特殊な方法を必要とする」とした。規制決定上のデータとして、分類を設けることを推奨した。▽ゲノミクスデータ、▽プロテオミクスなど生命分子解析データ、▽臨床...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/