日本リリー 臨床試験情報の公開、全領域で本格化

公開日時 2019/03/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷
日本イーライリリーは3月12日、同社が国内で実施する臨床試験情報を公開する自社ウェブサイトに、全ての領域の試験について順次掲載すると発表した。同社によると、公開対象は治験で、患者への情報提供が目的であることからフェーズ3が中心になる。現在は乳がん、3月からは糖尿病を加える。今後、他のがん、自己免疫疾患などへ領域を拡大し、今夏をめどに同社が臨床試験を実施する全領域の情報を掲載する予定。

これは臨床試験に関連情報を患者に提供する同社の活動の一環。患者は臨床試験の内容や実施状況を知る機会が限られている。そのため同社は2018年2月28日から、自社サイト「Lilly Trial Guide」(https://www.lillytrialguide.com/ja-JP)を公開。コールセンターも開設し、患者からの問い合わせを受け付けた。

当初は、「臨床試験とは」「参加の心得」などを掲載していたが、18年10月から乳がん領域、3月から糖尿病領域の情報公開を始め、臨床試験の概要を見られるようにした。今後、患者参加が可能な治験があれば、実施医療機関も知ることができるようなるという。疾患や居住地、年齢、性別などで臨床試験を検索できる。

サイト開設から1年でアクセス数は約2万5000。コールセンターへの問い合わせ件数は増加傾向にあるという。この状況を受け同社は、サイトでの臨床試験情報の公開を本格化させることにした。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/