記事一覧名

推奨記事一覧

GE薬協・高田会長 物価・エネルギー価格高騰に危機感 23年度改定「受け入れられる状況にない」と訴え (22/09/26)
厚労省・安藤課長 後発品の供給不安の背景に「産業構造的な課題あり」 政府も一体で見直しを決意 (22/09/13)
NPhA調査 後発品供給不安で「実際の流通状況と製薬企業の情報との乖離」6割が指摘 適時的確性に課題 (22/09/09)
武田テバ 在庫情報を追加開示 同一成分での推定処方数量に対する在庫量も公開 (22/09/09)
高まる最低薬価見直しへの待望論 採算割れ起こす商習慣や流通取引など「構造的課題の説明が重要に」 (22/09/07)
自民党・上川会長 供給不安で顕在化した偏在問題「どこにどのくらい不足があるか客観的なデータがない」 (22/08/30)
自民党GE議連・上川会長 GEの供給不安は「流通と薬価をめぐる構造的問題が顕在化」 (22/08/29)
医療用アセトアミノフェン 7月に推計約421万人に処方 特に60歳未満で大きな伸び コロナ禍で最多 (22/08/17)
後発品承認 ネキシウムに8社18品目、レクサプロに9社22品目 初後発は5成分 (22/08/15)
フェルゼンファーマ 持田製薬販売からリバロ後発品の製造販売承認を承継 (22/08/10)
厚労省・安藤課長 後発品供給不安の背景に赤字品目多数のビジネスモデルが 流通・薬価検討会で議論へ (22/08/08)
”医師の使用感”想起ランキング トップはエンレスト 評価した医師が初の1万人突破 22年4月調査 (22/07/27)
サワイHD・澤井会長 多品目少量生産から少品目大量生産へ転換 後発品「価格帯集約」の課題を指摘 (22/07/14)
沢井製薬・澤井会長 物価高騰に伴う安定供給への対応「品目によらず最低薬価引上げも一つの手法では」 (22/07/13)
新型コロナワクチン 21年売上は計600億ドル超 治療薬は計160億ドル超 (22/07/06)
非対面診療に係る算定件数 最多は今年2月 新設の「情報通信機器」初診は限定的 (22/07/05)
日本ケミファ・山口社長 グループ全体の品質保証レベル引上げ 工場従業員やMRの教育再徹底 (22/07/04)
21年のグローバル製品売上 1位はヒュミラの320億ドル 100億ドル以上は9製品 IQVIA (22/07/01)
アジアの再生医療等製品市場 22年に100億円突破、30年に662億円 富士経済 (22/06/29)
エリア別・チャネル別製品想起ランキング エンレストが全エリアの「MR」「講演会」「eマーケ」で1位 (22/06/24)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告