記事一覧名

推奨記事一覧

厚労省・課長級以上人事 保険局医療課長に眞鍋氏 薬剤管理官に安川氏 医薬局総務課長に衣笠氏 (22/06/22)
厚労省 初代「医薬産業振興・医療情報審議官」に城克文元経済課長 新設の流通・薬価有識者会議の舵取り役に (22/06/21)
フェブリク後発品 薬価は対先発の28% 20mg錠は13.90円、10mg錠は7.60円 (22/06/17)
後発品追補収載 痛風治療薬・フェブリクに13社50品目参入 12成分で初収載 (22/06/16)
後藤厚労相 医薬品の流通制度・薬価制度で有識者検討会設置へ 省内の体制刷新 医薬品産業振興に本腰 (22/06/15)
日薬連薬価研 薬価中間年改定の対象範囲「極めて限定的に」 平均乖離率を割り込むことは適切でない (22/06/13)
薬価研・赤名委員長 最優先は中間年改定 薬価制度改革「いずれ我々も答えを出さないといけない」  (22/06/10)
自民党GE議連・上川会長 不祥事発覚から2年弱 その後も相次ぐ不祥事に「ショックはショックのままでいる」 (22/06/09)
GE薬協・高田新会長「信頼回復へ業界一丸で取り組む」 原価高騰の安定供給などの課題は連携を重視 (22/06/01)
財務省・財政審建議 毎年薬価改定「完全実施の早期実現」 調整幅は廃止を含めて見直しへ 2%は段階的縮小 (22/05/26)
城元経済課長(現AMED理事)が語る22年の焦点 いまこそ製薬業界の姿勢が問われている~薬価制度改革 (22/05/23)
東和薬品・吉田社長「企業再編を考えないといけない」 原材料価格の高騰や為替変動など経済要因も (22/05/17)
日本ケミファ・21年度決算 売上14%増 自社開発・製造の後発品など好調 (22/05/16)
香取・上智大教授 「流通を変えるなら薬価ルールを直すべき」 現場の流通取引ルールと薬価の決め方に歪も (22/04/27)
自民党・衛藤参院議員 医薬品産業は「非常に大きな曲がり角」 医薬品行政の再考を心底思っている (22/04/25)
後藤厚労相 現行薬価制度は「国民負担の軽減、市場実勢価格を基本とする価格改定の整合性に課題」 (22/04/22)
厚労省・紀平薬剤管理官 「薬剤費の動向、卸や企業の状況も考慮して検討する」 薬価制度改革へのスタンス (22/04/18)
財務省主計局 一律2%・20年固定の「調整幅」可及的速やかな見直しを 薬価改定の効果目減りを問題視 (22/04/14)
日医・宮川常任理事 医薬品の安定供給「患者の生命にかかわる安全保障として業界全体が取り組むべき」 (22/03/28)
GE薬協 薬事対応が必要と判断「31社・1157品目」 承認書と製造実態の⾃主点検から明らかに (22/03/25)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告